優れたクリエイティブ力で注意喚起から理解深化まで多彩な目的を達成します!

日々の情報源として、その地域密着性や信頼性の高さから幅広い層に支持されています。特にローカルにおいては、地元新聞の普及率の高さから、広告展開の中心に据えられるケースが多いメディアです。
ビジュアルとコピーのバランス(大小、多少)によって、注目喚起から理解深化まで多彩な目的が達成できます。一般的にサイズが大きいほど広告効果は高いですが、煙突型等の異形、突き出し、記事挟み、題字下など、サイズや形・位置を活かしたクリエイティブによって、小さいながらも訴求力のある展開が可能です。

新聞広告の位置づけ

新聞広告の特性

①安定性・確実性

読者の90%以上が定期購読者で、しかも各家庭に配達されている。

②信頼性

読者の新聞に対する信頼が広告にも反映される。

③保存性・記録性

切り抜いて保存でき、情報(広告)の内容を何回でも確認できる。

④説得性

広告の受け手である読者が主体的に接触できるため、心理的抵抗が少ない。

新聞広告の種類

記事下広告と雑報広告に分かれます。
~記事下広告と雑報広告のイメージ~

記事下広告と雑報広告のイメージ画像

■記事下広告

広告が占める段数と横幅によって、全7段、半5段(5段2分の1)などと呼ばれており、全面広告(全15段)も 記事下広告に含めています。

一般的な営業広告

商品の販売促進、あるいは、企業のイメージアップの広告が一般的で、広告のスペースと費用の面から新聞広告の主流といえます。

朝刊一面出版規格広告

朝刊一面に掲載される出版広告は、あらかじめ決められたスペースで区切られた規格広告です。

臨時もの広告

営業行為に直接関係のない単発的に出稿される広告を「臨時もの広告」と呼びます。その代表的なものとして、求人広告、死亡広告、災害広告、謝罪広告、法定の選挙広告などがあります。

■雑報広告

題字下(題字ヨコ)

題字の下に1枠だけ設けられた広告で、サイズは通常3cm×2段です。
題字が横の場合は、題字横あるいは題字脇と呼ばれ、サイズは7cm×1段です。

記事中

各記事面の中央やや下寄りに掲載される広告で、サイズは7cm×1段です。
変形として3.5cm×1段もあります。

突き出し

記事下広告欄のすぐ上、左右両側の記事欄に突き出した形で掲載される広告です。
天地は2段での展開が一般的ですが、天地を3段にした大型突き出しもあります。