車輌(駅)ジャックやラッピングなど、ダイナミックな展開から車内吊りや機内誌まで幅広くプランニングします!

公共交通機関の内外をはじめ、駅・停留所、空港など付帯施設での広告掲出や展開など様々ですが、ローカルでは電車やバスの活用頻度が比較的高いようです。特に最近は車内よりも、乗降客数によらずより多くの人に目のつく車体ラッピング等が増加傾向にあります。
ターゲットの目に触れる機会をいかに高めるかがポイントになることから、掲出場所はもちろん、バス広告であれば運行路線の選択が重要になります。

~交通広告のイメージ~

電車内広告のイメージ図
車体ラッピングのイメージ図

交通広告の種類

■中吊り広告

車内上部からつり下げられる広告です。交通広告の代表的なものでポスターが主流です。車内の中央に位置するため注目されやすく、広告効果も高いと言われています。

■まど上広告

車内の窓の上に掲出される広告で、車内広告の中では中吊り広告に次いで一般的な広告で、ポスターが主流です。

■ドア横広告

車輌ドアの横に掲出される広告です。乗客の目の高さにあることから注目率や精読率が高いと言われています。

■デジタルサイネージ、液晶モニター

車両のドア上部に位置する液晶モニターで掲出する映像広告です。車内で立ち止まって見る位置にあるので、視認率も車内では一番高いとも言われています。

■ステッカー

全国の鉄道に見られるポピュラーな広告です。ドア横やドアに貼付される小型の広告が主流です。

■車体ラッピング

バスなどの側面に掲出される大型の広告です。路上を歩く人にインパクトを与え、印象に残りやすい広告です。