音だけという制約の中でリスナーの記憶に残るメッセージを作ります!

番組連動やなどキャンペーン訴求など自由な企画設計が可能です。
パーソナリティと一対一で会話しているような感覚が魅力のラジオは、地域密着型のメディアで、地元での販売促進やタイムセールの呼びかけなど、地元メディアならではの親しみある広告展開が可能です。また、時間帯や曜日ごとに聴取者の特長が分かれるので、特定のターゲットに効果的にメッセージを伝えることができます。
いわゆる『ながら聴き』が主となるので、コメント内容や効果音などで耳を傾かせる工夫が大切になります。

ラジオCMの位置づけ

ラジオCMの種類

テレビと同様に「タイムCM(番組提供)」と「スポットCM」に大別されます。
スポットCMの秒数は「20秒」が一般的ですが、「5秒、10秒、30秒、40秒、60秒」も可能です。また、FM局では180秒という長尺スポットもあります。

■最近のラジオCM

テレビに比べて「狭く深い」広告媒体です。スマホアプリで聴く場合には、画面に広告や曲情報、番組情報などを表示できるような新しい情報発信がなされています。
リスナーとのコミュニケーションもメールが中心で、手軽さやリアルタイム性も特性のひとつといえます。