視覚と聴覚の相乗効果によって、短時間でインパクトある印象を与えます!

映像と音声でタイムリーにメッセージを伝え、マス4媒体(テレビ、ラジオ、新聞、雑誌)の中で最も幅広い層から利用されているメディアです。
世代性別を問わず幅広くタイムリーに情報を伝えることができ、映像と音声で印象的に視聴者に情報を届けられるので、活字では伝わりにくい商品の魅力も効果的にアピールできます。
短時間(主に15秒)で印象を与えるためには、できるだけ絞り込んだ要点を、驚きや共感といった人の感性に響かせる表現で伝えることが大切になります。

テレビCMの位置づけ

テレビCMの種類

テレビCMは、「タイムCM」と「スポットCM」に大別されます。タイムとは、個別の番組に提供し、その番組に含まれるCM枠内でCMを放送します。スポットとは、番組とは関係せずに指定の時間に放送するCMです。

■タイムCM

タイムCMのセールスの最小単位は30秒で、期間は2クール(6ヶ月)が基本です。タイムCMは放送エリアと提供表示の有無で分類され、さらに、番組の前後に提供表示を行う場合と提供表示を行わない場合に区別されます。

■スポットCM

スポットCMのセールスの最小単位は15秒で、購入できる期間は自由に設定できます。スポットCMは番組と番組の間に設定されたCM枠や番組時間内に設定されたCM枠で放送されます。

スポットCMのパターン
【全日型】

月〜日曜日の朝か深夜まで。
主婦、高齢者など、全時間帯全曜日を見る層向け。
コストは最安。

全日型の図
【ヨの字型】

平日の朝・昼・夜から深夜、および土日の全日。
朝と昼にテレビを見る、若年女性層向け。
全日についでコストが安い。

ヨの字型の図
【コの字型】

平日の朝・夜から深夜、土日の全日。
成人男女、または男性有職者向け。比較的高年齢層。
逆L字についでコストが高い。

コの字型の図
【逆L型】

平日の夜から深夜、土日の全日。
成人男女または男性有職者向け。コの字よりも若い層。
コストは最も高い。

逆L型の図

タイムランクとは?

テレビCM料金は、放送される時間帯で違ってきます。
その料金ランクを「タイムランク」といいます。
高いものから・Aタイム・特Bタイム(SBタイムと表記される場合あり)・Bタイム・Cタイムと4段階に分けて呼ぶのが一般的です。

タイムランクの図

※各テレビ局によって誤差はあります。また、時期によっても変わってきます。